2016年10月28日

一般的に不動産査定のやり方については仲介

一般的に、不動産査定のやり方については、仲介業者が現地へ赴き、直接査定ポイントを目視した上で査定額を決定する「訪問査定」と、物件を直接確認することなく、周辺にある物件の相場や業者の販売実績、物件の築年数や間取りといったデータから査定額を決定する「簡易査定(机上査定)」の二種類あります。結果が出るまで時間がかかるのは訪問査定ですが、算出された査定額は信頼がおけるものになります。査定結果が出るまでが早いのは簡易査定ですが、精度の高い査定は期待できません。住宅を売却する際、売主側が基本的なコツを抑えておくと家の価値があがると言われています。一番大事なのは修繕箇所を放置しないことです。築年数に関わらず人が居住していた痕跡や傷が残るものです。きっちり点検して、丁寧に使っている様子が窺えるよう修繕しておきましょう。修繕の傍らしておきたいのが清掃です。日常的に使用する場所はもちろん、使わない部分もしっかり掃除し、邪魔なものは処分しておくと家がスッキリします。このような手間の蓄積が買い手にアピールする力は意外と高いのです。最初に定めた期間内に売れなかった場合、会社が家を買い取るといった「確実に売れる」システムが不動産業者の買取保証システムです。一定の時期が経過すると、契約時に定めた通りの金額で業者が買い取るため、資金的なプランニングは容易ですが、市場価格より割安になってしまうというデメリットもあります。呼び方は同じでも業者によって条件は微妙に変わりますし、売り主の要望で付けられるオプションなので、自分の目的に合っているかどうかよく考えて決めるべきです。共有名義の場合はよく相談してください。普通、不動産屋による売却の査定は、基本的に業者は費用はもらわず、無料で査定を行います。依頼者側の気持ちが変わるとか納得できる金額でない場合はお断りすることもできます。住宅を処分する際にもっとも大事で不安なのは売値でしょうから、一度に複数の不動産会社に見積りを依頼できるサイトは役立ちますが、何社に依頼しても査定は無料です。通常、業者に不動産の査定を依頼する際は、かなり多くの個人情報を教えるのが普通でした。様子見中だったり家族の意見が分かれているときは、見積り後にしつこい営業がくる不安から、査定額が知りたいのに依頼できないケースも多かったでしょう。ただ、最近の新しい動向として本当に匿名の状態で住宅の評価を依頼できるサービスも登場しています。家や土地などの不動産を売りたいときは、匿名の査定サービスを活用してみるのもいいでしょう。



Posted by ヨキコ at 03:02│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
一般的に不動産査定のやり方については仲介
    コメント(0)